仕事も恋も生き生きと!

トップページ
聞き心地の良い話し方とは
話を盛り上げる「つなぎ言葉」のコツ
自分が話の中心になるテクニック
自信に満ちたスピーチをするコツ
長い話はポイントを3つにの技
失敗談で相手の心をつかむ
「話させ上手」になろう!
「受け売り」の正しい使い方
会話を盛り下げるタブーワードとは
「間」を使いこなす
「擬態語」「擬声語」を使用するコツ
「けなし」のテクニック
専門的な話しをするときのコツ
ニュースの話題活用の技
話題に詰まった時のコツ
相手を退屈させないコツ
話しの説得力をあげる方法
答えられない質問の時のコツ
必要な情報をゲットする聞き方

仕事も恋も生き生きと!>女性を味方につける方法

女性の会話と言うのは、基本的に「共感」で
成り立っています。
楽しそうに話をしている女性の会話に耳を傾けると
分かります。
片方が何らかのテーマについて話をしていたら、
もう一方はほとんど反論を投げかけることはありません。
「へぇ〜、そうなんだ」「ホント?」など、
共感の相槌を打っているはずです。

このトークスタイルは女性客の接客にも応用できます。
例えば宝石売り場で女性が商品に見入っているとします。
店員とすれば、
「最高級の宝石です」とか
「あの有名デザイナーの作品です」
と説明したくなります。
しかしそれでは女性客は「押し付けられそう」
という警戒感を抱いてしまいます。
だが、女性がアクセサリーを手にして鏡を覗き込んだときに、
さり気なく
「とてもお似合いですよ」と言えば、
女性は心を開きます。
「そんなことないですよ〜」と言いながらも、
心は買う方向に動いているはずです。
自分がいいと思ったものが他の人からもいいといわれると、
素直にうれしいからです。

このように、女性に受けるには知識や説明より、共感が大切
なのです。
最近では口コミによるマーケティングも
ウェブ上にたくさんありますよね。
口コミから商品の情報や、他の購入者の使用した感想を
仕入れて、その情報に共感して購入します。
そしてその使用感をまたさらに語ります。
口コミによるマーケティングは女性の共感によって
成り立っているところが大きいのです。

仕事も恋も生き生きと!

リーダーシップを発揮する一言
ミスを認めてもらうコツ
電話の上手な切り上げ方
クレームシャットアウトのコツ
自然体を演出する技
「イエス」と言わせるテクニック
無理なお願いを通すコツ
上司から気に入られるには
上手な怒られ方のコツ
「添え言葉」をさり気なく使いこなす
相手との距離を縮めるテクニック
慰め言葉のコツ
サラリと文句を伝える技
アポ取りの成功率を上げるコツ
女性を味方につける方法
上司の誘い断りテクニック
相手に一歩踏み出させる方法

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system